イスラボニータ 次走阪神Cでラストラン、引退後は種牡馬に

[ 2017年11月24日 19:37 ]

マイラーズカップで勝利したクリストフ・ルメール騎手(右)とをイスラボニータ
Photo By スポニチ

 14年の皐月賞馬イスラボニータ(牡6=栗田博)が次走の阪神カップ(12月23日、阪神)を最後に現役を引退することが24日、分かった。

 所属する社台サラブレッドクラブのHPで発表された。前走のマイルCSは1番人気に推されたが5着。ラストランとなる阪神Cは、引き続きルメールとコンビを組む。引退後は北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2017年11月24日のニュース