G1年間6勝は武豊が初、05年と06年に2度達成

[ 2017年11月24日 05:30 ]

 グレード制を導入した84年以降、JRA・G1を年間6勝したのは、ディープインパクトとのコンビで列島を沸かせた武豊が最初で05年と06年に達成。次いで07年にダイワスカーレットなどを導いた安藤勝、11年には3冠馬オルフェーヴルなどで池添が、翌12年にはダービー馬のディープブリランテなどに騎乗した岩田が成し遂げている。なお、全て違う馬でのG1・6勝はミルコが初めて。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年11月24日のニュース