スティール 香港遠征見送り休養、来年のドバイターフ連覇目標

[ 2017年11月8日 05:30 ]

 天皇賞・秋で4着に終わったリアルスティール(牡5=矢作)は香港遠征を見送り、年内は休養することが決まった。

 6歳となる来年も現役を続行。始動戦は未定だが、春の最大目標は昨年制したドバイターフ(3月31日、メイダン芝1800メートル)となる。矢作師は「前走がああいう馬場(不良)での競馬になったので、その疲れも考慮して香港はやめることにしました。来年のドバイに備えます」とコメントした。現在はノーザンファームしがらきで調整されている。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2017年11月8日のニュース