【メルボルンC】リキンドリングV オブライエン父子ワンツー

[ 2017年11月8日 05:30 ]

 豪州の国民的行事「第157回メルボルンC」(G1)は7日(日本時間同日午後)、フレミントン競馬場(芝3200メートル)で行われ、C・ブラウン騎乗のリキンドリング(牡3=愛国、J・オブライエン厩舎、ハンデ51・5キロ)がヨハネスフェルメール(牡4=同、A・オブライエン厩舎)との競り合いを制し優勝。勝ち時計は3分21秒19。優勝したジョセフ・オブライエン師は父とワンツーを飾った。前年優勝アルマンダンは12着に敗れた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年11月8日のニュース