【福島記念】プリメラアスール 好調で一発期待“名より実”取る

[ 2017年11月8日 05:30 ]

 エリザベス女王杯にも登録しているプリメラアスールが“名より実を取って”ハンデ重賞へ。鈴木孝師は「よりチャンスのある方を選びました」と説明する。

 ジリっぽいタイプだが、前走の大原Sでは上がり3F33秒5をマークして逃げ切り。「あんな上がりを使えたのは驚き。(不振だった)春はフケがきつかったけど、この秋はずっと調子がいいので」と一発を期待した。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2017年11月8日のニュース