ホワイトフーガが引退 交流重賞7勝 来春繁殖に備える

[ 2017年11月8日 05:30 ]

 15、16年の交流G1・JBCレディスクラシックを制したホワイトフーガ(牝5=高木)が来春の繁殖に備えて引退することになった。8日に競走馬登録を抹消し、近日中に生まれ故郷の北海道浦河・梅田牧場へ移動する。公営・南関東の交流重賞で7勝を挙げた。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2017年11月8日のニュース