【福島記念】サンマルティン 重賞初挑戦2着健闘、順調で好機

[ 2017年11月8日 05:30 ]

 日曜の福島メインは「第53回福島記念」。サンマルティンは重賞初挑戦の前走・小倉記念で鼻差2着。勝ったタツゴウゲキが続く新潟記念を連勝したことからも、ここは重賞Vの大チャンスだ。

 放牧を挟んで中間も順調。国枝師は「前走は内からやられた。当時と大きくは変わっていないが順調に来ているし、今回もいい競馬ができるだろうと思っている」と手応えを示した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年11月8日のニュース