【JCダート】3歳ダート王クリソライト 時計遅く“追試”示唆

[ 2013年11月28日 05:30 ]

 3歳ダート王クリソライトは開門直後の坂路で単走。軽快な脚さばきで駆け上がり、ゴール前は流して55秒6、ラスト1F12秒6。音無師は「テンの入りを加減しすぎたので時計は遅くなった。53秒ぐらいにしたかったな。レース前の日にでも気合を入れたい」と“追試”を示唆。状態に関して「先週も併せてやっている。使った効果はあるし、今回の方が走れると思う」と叩いた上積みを強調していた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2013年11月28日のニュース