【ステイヤーズS】11年覇者・皇成キッツ、2年前の再現Vだ

[ 2013年11月28日 05:30 ]

3頭併せで追い切ったマイネルキッツ(右端)

 11年覇者の10歳マイネルキッツは3年連続3度目の出走。オールカマー10着の後はここを目標に調整されてきた。Wコースでの追い切りには三浦が騎乗し、5F65秒5~1F13秒1でプレミアムタイム(4歳500万)と併入した。2年前の同レース以降は白星から遠ざかっているが、当時復活Vに導いたのが三浦。3戦ぶりのコンビ再結成となる鞍上は「時計自体は出ていたし、状態はいい。この馬の能力を引き出す自信はある」と力強かった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2013年11月28日のニュース