【ステイヤーズS】コスモロビン13秒1 叩くごとに良化

[ 2013年11月28日 05:30 ]

 重賞初Vを狙うコスモロビンは坂路併せ馬で4F55秒2~1F13秒1。新馬相手にあおられ気味だったが、清水英師は「攻め馬はもともと動かないし、感じはいい。叩くごとに良くなっているし、心肺機能が優れているので距離もこなしてくれるのでは」と好感触。前走・アルゼンチン共和国杯4着からの前進を見込んでいた。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2013年11月28日のニュース