PR:

【KEIRINグランプリ2013】残る切符はあと2、逆転なるか

 競輪祭終了後にKEIRINグランプリ2013(12月30日=立川競輪場)の出場9選手が決定する。既に出場権利を獲得しているのは、今年のG1・特別競輪を制した平原康多(全日本選抜)、村上義弘(日本選手権)、成田和也(高松宮記念杯)、金子貴志(寛仁親王牌)、後閑信一(オールスター)の5人。獲得賞金1位の深谷知広、同4位の新田祐大は当確となっており、GPチケットは7人が手にしている状況だ。

 残る2人は今大会の優勝者に加え、獲得賞金上位者から選抜される。上記の選手以外から優勝者が出ると残る椅子はあと1つ。賞金争いで一歩リードしているのが獲得賞金5位・長塚智広。同9位・浅井康太とは約1300万円以上の差があり有利な立場にいるのは間違いない。決勝2着の賞金が1350万円(副賞含む)あるため、状況次第では同16位・稲川翔まで逆転出場の可能性がある。

[ 2013年11月28日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:10月17日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース