【高松宮記念】ダッシャー見せ場つくった「これで負けたら仕方ない」

[ 2012年3月25日 18:08 ]

 オーシャンS9着から挑んだ6番人気のダッシャーゴーゴー(牡5=安田)は好位外めで僚馬カレンチャンを視界にとらえて手応えよく直線に向いたが、差は詰まらず。内のロードカナロアにも競り負けて最後は4着だった。

 それでも実力馬らしい見せ場十分の内容。「最高の競馬ができた。これで負けたら仕方ない」と横山典はパートナーを労っていた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2012年3月25日のニュース