【高松宮記念】パドックのツボ

[ 2012年3月25日 06:00 ]

 ロードカナロアは大型馬でも身のこなしが素軽く、首を使ってリズミカルに周回するタイプ。初のG1で同じ精神状態を保てるかが鍵になる。少し間隔が空いているだけに緩みも要チェック。カレンチャンは牝馬らしい細身のシルエット。久々の前走時も体は仕上がっていただけに極端な馬体重の増減は歓迎できない。サンカルロの前走は腹がコロンとして明らかに太め。10キロくらい減れば理想的だ。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2012年3月25日のニュース