【高松宮記念】カレン 史上2頭目の秋春スプリントG1連覇!

[ 2012年3月25日 19:26 ]

 昨年の最優秀短距離馬カレンチャン(牝5=安田)が02&03年ビリーヴ以来となる史上2頭目の秋春スプリントG1連覇を飾った。

 道中2番手から手応えよく直線へ。逃げるエーシンダックマンをかわして先頭にたってからも、末脚はしっかり。後続の追撃をしのいで女王が貫禄を示した。

 池添は「自信を持って乗ろうと思っていました。スタートを切って楽に2番手で運べたし、あとは仕掛けるタイミングだけで理想的な競馬ができました。強いところを見せることができてよかったです」と喜びを語った。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2012年3月25日のニュース