【高松宮記念】サンカルロ首差届かず「全てがうまくいったんですが」

[ 2012年3月25日 18:05 ]

 3番人気のサンカルロ(牡6=大久保洋)は昨年に続いての2着。中団の外めで脚をタメて猛然と追い上げたが、カレンチャンには首差届かなかった。

 「スタートも今までで一番よかったし、この馬にしてはいい位置が取れた。外にもスムーズ出せたし、全てがうまくいったんですが…」と吉田豊。届きそうで届かないG1タイトルにもどかしさは残る。それでも鞍上は「G1を勝てる力はある。また次回頑張ります」を自らを奮い立たせるように語った。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2012年3月25日のニュース