×

23年大河「どうする家康」岡田准一9年ぶり凱旋!織田信長役「怖さも楽しみも」迷う松潤を後押し

[ 2021年11月29日 15:30 ]

2023年の大河ドラマ「どうする家康」に出演する岡田准一(C)NHK
Photo By 提供写真

 嵐の松本潤(38)が主役の徳川家康役を演じる2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に、俳優の岡田准一(41)が織田信長役で出演することが29日、発表された。主演を務めた14年「軍師官兵衛」以来、9年ぶり2度目の大河“凱旋”。東京・渋谷の同局で会見した岡田は「大河ドラマには深い思い入れがあります。織田信長という圧倒的イメージがある人物にチャレンジできるというのは、怖さも楽しみも両方ありますね」と抱負。主演を引き受けるか迷っていた松本には「是非やった方がいいよ。1年間(の長丁場)を経験するというのは、僕にとっては凄い宝物のような場所だった」とアドバイスし、後輩の背中を押したことを明かした。

 過去に有名な歴史上の人物を数々演じてきた岡田。「秀吉配下の役が演じることが多かったんです。いつも秀吉様を支える役で、それより上の立場はないので、秀吉(ムロツヨシ)を引きずり回せるのは今まで(過去の役で)振り回されてきた分、今回、引きずり回せるのは楽しみ。主演の松本君を支えながらも、心理面とか、いろいろな面で松潤を心の面で引きずり回せるというか…。ムロさんは引きずり回す、松潤は振り回せるというのは、とても楽しみにしてます」とした。

 大河ドラマ62作目。「リーガル・ハイ」「デート~恋とはどんなものかしら~」「コンフィデンスマンJP」などを生み出した希代のストーリーテラー・古沢良太氏が手掛けるオリジナル脚本。乱世を平定し、東京の礎となる江戸を築いた家康を単独主役にした大河は1983年の滝田栄(70)主演「徳川家康」以来、実に40年ぶり。令和版にアップデートした新たな家康像を描く。

 松本は大河ドラマ初出演。08年の映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」、19年のNHK「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」に続く3度目の本格時代劇となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月29日のニュース