×

田中雅美氏 夫が5年間も黙って掃除していた事実に「初めて知りました」 矢作兼「サイコパス入ってる」

[ 2021年11月29日 22:04 ]

競泳のシドニー五輪銅メダリストでスポーツコメンテーターの田中雅美さん
Photo By スポニチ

 競泳の五輪銅メダリストで、スポーツコメンテーターの田中雅美氏(42)が29日放送の日本テレビ系「有吉ゼミ2時間SP」(後7・00)にゲスト出演し、夫の雄介さん(41)に感謝する場面があった。

 「片付けすぎ芸能人」の企画に出演した田中氏は2017年に結婚し、2人の子供とともに4人暮らし。掃除は「基本的には私がやってます」という田中氏だが「帰ってくると結構キレイになってたりする。もしかしたら旦那さんが(掃除を)やってたりするのかな、なんて思うんですけど」と違和感があった。雄介さんは「僕もさらっと。気になったとこがあればやる感じ」と、爽やかに答えた。

 9つの定点カメラを設置して、普段の雄介さんの行動をチェックすると、田中氏が仕事で外出した際に、壁際のフォトフレームを外して一つ一つ丁寧にホコリ掃除し、テーブルの脚やドアの上、リモコンの拭き掃除。また、別の日には冷蔵庫の中や、裏側、パッキンの内側などを掃除。さらにキッチンの蛇口周りなど細かい部分を掃除していた。この行動は同棲を始めた5年前からし続けていたという。

 VTRを見た田中氏は手を合わせて頭を下げた。MCの有吉弘行(47)は「優しいのか怖いのか」と、夫の行動に複雑な心境を抱いた様子。田中氏は「優しいことにしときましょう」と笑った。「初めて知りました」と5年間全く気付いておらず「ウチは汚れないと思ってた。冷蔵庫も一人暮らしの時よりもキレイに使ってるんだ、私と思ってた」と明かした。

 「ありがたい」と感謝しつつ「洗濯物も畳んでしまうんですけど、気付いたらピッチリとなっている」と知らないうちに入れ替えられていることを振り返った。「おぎやはぎ」の矢作兼(50)は掃除を「やっぱり(妻の)いる前でやるよ。いないとこでやるって、ちょっとだけサイコパス入ってると思う」と怖がった。有吉から「絶対浮気も気付かないでしょうね」と言われた田中氏は「しないでしょ」と夫を信じた。しかし、矢作は「完璧に証拠を隠すね」と心配を煽っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月29日のニュース