アインシュタイン稲田 新型コロナ感染 12日に発症、現在は自宅待機中

[ 2020年9月15日 10:18 ]

お笑いコンビ「アインシュタイン」の稲田直樹
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アインシュタイン」稲田直樹(35)が新型コロナウイルスに感染したことが15日、分かった。所属する吉本興業の公式サイトで発表した。

 稲田は13日早朝に発熱、PCR検査を受けたところ、14日に陽性が確認された。発症日は12日で、現在、自宅待機中という。吉本興業は「濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処してまいります」としている。

 以下、吉本興業の公式サイトに掲載された報告全文。

 弊社所属アインシュタイン 稲田直樹(いなだ・なおき、35歳)が9月14日(月)、新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたのでご報告申し上げます。

 稲田は9月13日(日)の早朝に発熱があり、PCR検査を受けた結果、14日(月)に陽性と診断されました。発症日は12日(土)となります。稲田は現在、自宅待機中です。

 当社としましては、濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処してまいります。

 当社グループは引き続き、お客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に、保健所をはじめとする行政機関、医療専門家の指導のもと、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めていきます。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月15日のニュース