芦名星さん死去、芸能界にまた衝撃…タレントのケア悩む関係者「具体的にはどうしたら」

[ 2020年9月15日 06:45 ]

芦名星さん死去

芦名星さん
Photo By スポニチ

 芦名さんの死因は明らかになっていないが、自ら死を選ぶ若い著名人が相次いでいることに芸能界にも衝撃が広がっている。大手芸能事務所の関係者は、「これまで以上にタレントのケアに気を配らなければいけないが、具体的にはどうしたらいいものか」と頭を悩ませている。

 2008年のTBSドラマ「ブラッディ・マンデイ」で芦名さんと共演した俳優の三浦春馬さん(享年30)は7月18日、自宅で意識がないところを発見され救急搬送されたがその後死亡が確認された。所属事務所は四十九日を迎えた今月4日に「事件性はなく死因は自死」と発表した。

 5月23日に亡くなった女子プロレスラーの木村花さん(享年22)は、当時出演していた米配信大手Netflix、フジテレビで放送の「テラスハウス」での行動や言動がSNSなどで批判を受けたことを苦にして硫化水素で自殺を図ったとみられている。番組はその後打ち切られた。

 Netflixでは、米国でも女子高生の自殺をテーマにしたドラマ「13の理由」の配信後に、10代の自殺者が急増したことが今年5月に問題となった。

 警察庁によれば、8月に全国で自殺した人は速報値で1849人。昨年の同じ時期に比べて246人、率にして15・3%増えた。内訳は男性が60人増の1199人、女性が186人増の650人で、女性の自殺の増加が目立っている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月15日のニュース