文化放送5年ぶり深夜帯番組に人気ユーチューバー起用「キーワードはDX」

[ 2020年9月15日 13:47 ]

文化放送社屋
Photo By スポニチ

 文化放送の上口宏社長は15日の定例会見で、10月改編について説明した。5年ぶりに深夜帯で帯番組を放送することについて「私も学生時代に深夜放送、弊社ですと『セイ!ヤング』がございました。(当時の)ヤング世代、それが今のZ世代で、ここに向けての新しい挑戦」と述べた。

 新番組のタイトルは「CultureZ(カルチャーズ)」で、月~木曜日の深夜1~3時に放送。パーソナリティーは月、火曜日がお笑いコンビ「土佐兄弟」。水、木曜日は男女2人組「パパラピーズ」と大関れいかの各ユーチューバーが担当する。

 10月改編について、上口社長は「”Z世代”と言われているデジタルが生まれた時から身近にある存在、そういう若い方々をどう取り込んでいくか」を課題の一つに掲げている。「ここに挑戦するためにはやはりキーワードは”DX(デジタルトラックフォーメーション)”。これに合わせて開発した番組です」と述べた。

 土佐兄弟は「高校生あるある」ネタ動画が売りの兄弟で、弟の有輝はTikTokフォロワー数80万人超。兄の土佐卓也は「お笑い芸人になったらラジオ番組をやるということが本当に夢でした。最高の番組を作りたいと思います」と抱負。

 パパラピーズはユーチューブチャネル登録者数135万人で、上半期インスタ流行語大賞のユーチューバー部門1位。男性メンバーのじんじんは「やっと自分のトーク力を本格的に試すことができる素敵な機会をいただいたということで、やるからにはリスナーの方々が夢中になってしまう時間を全力でお届けしたいです!」と意気込んでいる。

 女優としても活動する大関も「いろんな楽しい大関れいかをこのラジオでたくさん引き出していきたいと思います!」と意欲的だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月15日のニュース