ファンキー加藤、楽天ファンから“疫病神”扱い エース則本から謝罪も…「なかなかしんどい」

[ 2020年9月13日 06:15 ]

ファンキー加藤
Photo By スポニチ

 歌手で俳優のファンキー加藤(41)が、12日放送の日本テレビ「有吉反省会」(土曜後11・30)に出演。楽天・則本昂大投手(29)に気を遣わせてしまったというエピソードを明かした。

 2015年から年に一度のペースで楽天の試合後にライブを行なっている加藤だが、過去開催した5試合全てで敗戦しており、楽天ファンから疫病神扱いされているという。「雲行きが怪しくなったのは3年目。接戦じゃなくて大差で負ける試合が多くて、その中で歌いに行くのはなかなかしんどい」という。

 MCの有吉弘行(46)から「負けたあとのライブって空気悪いんですか?」と問われると、加藤は「悪いなんてもんじゃない」といい「直接的なヤジが耳に届いたことはないんですけど、球場全体の雰囲気から心の声は聞こえてきます。『お前のせいだ』って」と球場のどんよりとした雰囲気を語った。

 さらに加藤は「則本選手から『加藤さん、また負けちゃってすみません』と言われて…選手に気を遣わせてしまう。むしろ『加藤さん来たから負けちゃったじゃないですか』みたいな方が楽なんですが…逆にギクシャクしてしまう」とエースに気を遣わせてしまっているという。これには有吉も「選手たちも、加藤さんに恥をかかせちゃいけないから頑張ろうと、肩に力が入っていると思うんだよね。(敗戦は)絶対加藤さんのせい」と加藤を責め、スタジオを笑いに包んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月13日のニュース