GACKT、ストイックすぎる食生活で体脂肪率8%キープ「20年間米食べたことない」

[ 2020年9月13日 20:52 ]

歌手のGACKT
Photo By スポニチ

 ミュージシャンのGACKT(47)が13日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜後7・00)に出演し、ストイックすぎる食生活を明かす場面があった。

 厳しいトレーニングに耐えて、体脂肪率8%を維持しているGACKT。番組スタッフから米の差し入れがあると「米ね、20年間食べてないな」と食事面でもストイックな面を見せる。体内の毒素を抜くために断食に取り組み、20日間酵素水だけで過ごすこともあるといい、取材時は「普通の食事に戻している最中なので、野菜だけ。おかずが野菜で主食も野菜」と話す。

 この日は鍋で、中身はマイタケ、ヒラタケ、エノキといったきのこ類と豆腐。ニラ、春菊、白ネギ、九条ネギと葉物中心で、GACKTが栄養を考え選んだものだという。鍋の味付けは、ココナッツ由来のMCTオイル・塩とシンプルな味付け。

 “なぜここまでして自分を追い込むのか?”という問いかけにGACKTは「ライブ見てくれたら分かるけど、たぶん47歳で僕ほどパフォーマンスできる人間はいないと思う。理由は簡単で『やってるから』。ファンが来てよかったと思えるために、自分が存在している。やりたい時にやれるだけの体をキープしてるからいつでもやれる。体がダメになったら人生終わるからさ」と真意を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月13日のニュース