さんま、丸山桂里奈からの結婚報告“避け続けた”3週間「逃げて逃げてやっと明日発表だと思ったら…」

[ 2020年9月13日 17:25 ]

タレントの明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が12日、パーソナリティを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。元サッカー日本代表GKで解説者の本並健治氏(56)との結婚を発表した、元なでしこジャパンFWの丸山桂里奈(37)との“攻防”の日々を明かす場面があった。

 「俺がね実は丸山の結婚の保証人なんですよ」と明かすさんま。「実は3週前にプロデューサーから『(丸山が)結婚します。相手は本並さんです』って報せがあって」と6日放送の「行列の出来る法律相談所」の祝福ドッキリで署名するまで秘密にしておくように告げられたという。

 「それから丸山の方から(結婚報告のため)『お会いしたいんです』ってどんどんラインが来るようになって。俺のことちょっと慕ってくれてるのもあって、向こうはちゃんとしないといけないと思ったんやろうな。でも、俺は知らない体で放送に臨まないといけないから」と、報告をかわし続けたという

 「『みやぞんが屋上で焼肉パーティーをさんまさんとしたいと言ってます!』って来てな。なんでみやぞんやねん!と思いながら『すまん!その時ロケで海外行ってるわ!」って。もうバレバレや」といい「そこからも『ロケ行ってます!みんなさんまさんに会いたがってます』とかどんどん来るんですよ」と連絡は止まらなかった。

 「逃げて逃げて逃げて、やっと明日生発表だと思ったら(前日の)土曜日にもう発表してたんです…。俺が聞き間違えたのかディレクターの狙いがちがったのか、俺にとっては『明日いよいよや!』って思ってたのにね。その前にガールズコレクションで結婚式みたいの挙げてて。一生懸命3週間黙ってたのに、俺の苦労を誰もわかってくれないんですよ!」とボヤいて笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月13日のニュース