中居正広 プライベートでの野球観戦には慎重 コロナ禍で「知識がないまま来るのは迷惑になることも」

[ 2020年9月13日 21:15 ]

タレントの中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が13日、巨人―ヤクルト16回戦(東京D)を中継するニッポン放送「ショウアップナイター」にスペシャルゲストとして生出演。終始楽しそうに野球界についてトークしたものの、今後のプライベートでの試合観戦については慎重な姿勢を崩さなかった。

 例年、東京ドームなどで試合をプライベート観戦しているが、コロナ禍の今年は今回のゲスト出演で初めて野球場に来たという中居。試合中、実況の煙山光紀アナウンサー(58)から新型コロナウイルス感染拡大防止のため上限5000人と設定されていた人数制限が今後緩和されることについて説明があり「中居さんもどこかのタイミングでありますか?」と今後のプライベート観戦の有無について聞かれた時だった。

 「来たいんですけど…」と急に少し声が沈みがちになり、「友達同士で隣に座っていいのかなとか、そのへんの兼ね合いでなんか…」とポツリ。「家族だったら隣同士でよくても、友達同士だとどうなのかっていうのがありますんで。そのへんの知識がないまま来るのは迷惑になることもあるのかなと」と話していた。

 中居は自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)の8月22日放送回では20代前半から趣味にしているゴルフについてトーク。コロナ禍とあって今年は1回もしていないとし、8月に入ってから友人に誘われ、一度はオーケーして楽しみにしていたものの「タレント云々(うんぬん)の前にやっぱ違うなあ、と。イチ大人として、とか」と“もしも”の時の影響を考えて直前にキャンセルしたことを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月13日のニュース