ナイツ土屋 あつ森の“ローン”めぐり夫婦会議「子供たちが寝た後に2人で返そう」

[ 2020年8月1日 14:13 ]

「ナイツ」の土屋伸之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」の土屋伸之(41)が1日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)に生出演し、テレビゲーム内での「借金」問題について、夫婦会議を開いたことを明かした。

 2児の父でもある土屋は、子供たちのゲームの関心が、人気ソフト「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」から別のゲームに移ったことを報告。その中で、気になっていたことがあるという。「教育上どうなのかなと思ったのが、ローンとかがたまってるの」。ゲームの舞台の無人島に、ゲーム内通貨を借金して建設物を建てていたが、プレーをしなくなっため、借金を踏み倒した状態になっているという。「借りたまま、その世界から逃げてるわけじゃん。毎日返していたんだよ?」と主張した。

 「そのままにしておくのもどうか」と思い立った土屋は、「夫婦で話し合って、子供たちが深夜に寝た後に2人で返そう」と、ゲーム内の借金を妻と返済することを決めたという。「ある程度できるところまで返して、みんなで夏休みの終わりくらいに、『あつ森のローンが少しになったから、みんなで返そうよ』という儀式をやろうということで」。仕事の合間を見計らって、少しずつ借金を返しているという。

 ゲームを通じて教育するという、律儀な土屋らしい提案だったが、相方の塙宣之(42)は「教育とか関係ない。ただゲームが好きなことを言い訳して、そういうふうに言ってるだけですよ」と土屋をいじっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月1日のニュース