松本幸四郎 ズーム歌舞伎「忠臣蔵」で初代白鸚と“共演”「出演依頼したらOKを」

[ 2020年7月11日 05:31 ]

松本幸四郎
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の松本幸四郎(47)が、自身が手がけるオンライン歌舞伎「図夢(ズーム)歌舞伎 忠臣蔵」の第4回(18日配信)で、1982年に死去した祖父の初代松本白鸚と“共演”することが決定した。

 初代白鸚の過去の舞台映像と、リアルタイムで幸四郎が演じる映像を組み合わせることで実現。81年以来、39年ぶりに時空を超えて2人が忠臣蔵を表現する。幸四郎は「今、祖父と共演する夢をかなえられるのは図夢歌舞伎しかない、図夢歌舞伎だからこそ実現できると、今回出演を依頼しましたらOKを頂けました」と冗談を交えコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月11日のニュース