自称サバサバ系をバッサリ!三代目JSB山下健二郎の“苦手な女性10項目” 堀田茜「相当面倒くさい」

[ 2020年7月11日 17:11 ]

「三代目J SOUL BROTHERS」の山下健二郎
Photo By スポニチ

 三代目 J SOUL BROTHERSの山下健二郎(35)が10日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演し、結婚観について明かす場面があった。

 三代目に入る前は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)でダンサーをしていたという山下。当時を振り返り、「ありがたいことにダンサーってファンがついたり、ダンスのインストラクターも外部でやっていたので、そこにファンの方が習いに来てたりとか」と、デビュー前から女性にモテていた様子を明かした。

 メンバーは全員独身だが、自身はできるだけ早く結婚したく、誰かに止められているわけでもないという。「両親がすごく仲良いんで、それを見ていいなぁと思って」と山下。相手は一般の女性でも芸能人でもこだわりはないとし、MCの松本人志(56)から今まで芸能人と付き合ったことはあるか?と切り込まれると、「ないですね」と即答した。

 結婚したいわりには、苦手な女性なタイプが多く、キャラクター物の靴下を履く女性、“私、サバサバした性格じゃないですか”と言う女性など、全部で10項目挙げた。これに山下は「『サバサバした性格』って自分で言わんやろって思って。絶対サバサバしてない」と断言。さらに補足して「『サバサバしているんですよ』って言うことによって、何をアピールしているんですか?と。そうやって『サバサバしているんですよ』って言ってる人って、裏でものすごいネチネチしているイメージがある」と私見を述べた。

 この日の飲み仲間である、モデルで女優の堀田茜(27)から「(山下は)相当面倒くさいですよ。10項目挙げるって。結婚したいなら、これぐらい許せる男性じゃなきゃ」と指摘されると、山下は「あ、俺めんどくさいですか?」と真顔で問いかけ、スタジオをわかせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月11日のニュース