水卜麻美アナ 生放送中に涙、“スッキリバンド”本番演奏に感動「あぁすごい」

[ 2020年7月2日 11:52 ]

日本テレビの水卜麻美アナ
Photo By スポニチ

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー(33)が2日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。自らもベースで参加した“スッキリバンド”の本番演奏に涙した。

 番組では、新型コロナウイルスの感染拡大によって増えた“おうち時間”を使って楽器を練習しバンド活動をする「スッキリ バンドやろうぜ」を企画。2カ月間の練習期間をへて、この日に全員でリモート演奏する“本番”の模様が放送された。

 バンドでは、同番組レギュラーのお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)がギター、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(37)がドラム、同局の森圭介アナウンサー(41)がギター、水卜アナがベース、ボーカルは同番組コメンテーターの中から視聴者投票で選ばれた俳優の小澤征悦(46)が担当。課題曲のエレファントカシマシ「悲しみの果て」の演奏に挑んだ。

 リモート演奏のオンエアを見た水卜アナは、感動で涙ぐみながら「ちょっとどうしよ、なんで泣いて…、あぁすごい、こんなふうになってたんだ。楽しかった、どうしよう」と話し、うつむいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月2日のニュース