台湾のAKB48TeamTPが握手会を再開 猛暑の中でも1000人来場

[ 2020年7月2日 22:36 ]

握手会を行うAKB48TeamTPの陳詩雅
Photo By 提供写真

 AKB48 TeamTPは、6月27日、28日に3rd シングル「看見夕陽了馬(馬は口へんに馬)?」(邦題・夕陽を見ているか?)の握手会を開催した。同シングルは、昨年12月25日に発売し、2月に握手会を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、延期となっていた。会場は、屋外の台北市電影主題公園での実施となった。

 この2日間の台北は、気温が上昇し猛暑日に。そんな中で、コロナ対策としてマスク着用のルールのもと、早朝から多くのファンが列を作り、合計約1000人が来場した。

 参加したファンは「やっと会えた!」「会えてうれしい」と、メンバーとの再会を喜び、TeamTPのメンバーたちも、あらためてアイドル活動において「直接会う」ことの大切さを再確認していた。

 台湾の新型コロナウイルスの状況は、7月2日現在で、感染者数447人、死亡者数7人と、感染の抑え込みに成功している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月2日のニュース