橋本マナミ、第1子男児出産!リモート生出演翌朝に「スーパー安産であっと言う間に」

[ 2020年7月2日 21:01 ]

タレントの橋本マナミ
Photo By スポニチ

 タレントの橋本マナミ(35)が第1子となる男児を出産したことが2日、分かった。同日生放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)で発表された。

 「平成の団地妻」「国民的愛人」のキャッチフレーズで人気を集め、タレント、女優として幅広く活躍する橋本は、同番組開始時の2014年から木曜日の「バーディ」として出演してきた。

 冒頭でMCのフリーアナウンサー・垣花正(48)が「橋本マナミさんがなんと今日、第1子の男の子が無事に誕生しました」と明かした。橋本は番組あてにコメントを寄せ、「本日、午前11時頃に無事出産することができました。早朝から陣痛が一気に始まり、その後も問題なくスーパー安産であっと言う間に産まれてきてくれました」と明かした。母子ともに健康という。

 前日1日は水曜日だったが、イレギュラーで「バラいろダンディ」にリモート生出演した。その際に「私も産休、明日から。今日を最後に入ろうと思うんですけど」と報告し、「予定日はまだ先なんですけど、でも今いつ生まれていてもいい時期に入っていて。安全を取って今日で最後にしたい。(陣痛が)いつ来るか分からないみたいなんですよね」と話していた。

 橋本はコメントの中でそのことに触れ、「昨晩の水曜ダンディにリモート生出演させて頂きましたが、もしかしたら番組中に陣痛きていたのかもしれません。気付かなかった」とも告白。

 「予定日はまだまだ先で出産まであと数日先かなと思っていた矢先の陣痛だったので産休に入ったよいタイミングを見計らってくれたようです」と感謝しつつ、「これから夫婦力を合わせて大切に育てていきたいと思います。体調をみながら復帰したいと思っていますので、またスタジオに戻った際にはよろしくお願いします」と結んだ。ベッドで赤ん坊と寝そべり、柔和な笑顔を浮かべる写真も公開した。

 橋本は昨年11月、1歳下の勤務医の男性と結婚し、今年2月に妊娠を発表。4月2日放送のBSフジ「橋本マナミの東京はいすぺ女子図鑑」(木曜後11・00)で、出産予定の第1子が男児であることを公表した。先月30日には自身のインスタグラムで、ふっくらしたお腹の写真を公開、友人による姓名判断で我が子の名前を決めたと報告していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月2日のニュース