長嶋一茂、ネット上の中傷取り締まり強化に賛同「早く一掃しなきゃダメだ!」

[ 2020年5月31日 12:34 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が31日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。恋愛リアリティー番組「テラスハウス」の出演者で、23日に亡くなった木村花さん(享年22)にSNS上で誹謗中傷が寄せられていたことについて言及した。

 木村さんの死去に関し、高市早苗総務相がインターネット上の発信者の特定を容易にして悪意のある投稿を抑止するための制度改正を検討する意向を示した。一茂は、自身について「ネットとつながらない、見ない」としながらも「発信源の特定、罰則を設ける方向性は絶対になきゃいけない。コロナと同様、総務大臣に腰を上げてもらって徹底的に追及していくことは必要」と話した。

 また「僕らは自分が言ったことは全部責任を持つ。自分が言ったことで糾弾されるのであれば、自分が責任をもって辞めればいい。それくらいの気持ちでやっている」と話し、匿名の誹謗中傷を行う人々について「彼らは卑怯極まりない人間だから、早く一掃しなきゃダメだ!」と強い口調で訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月31日のニュース