照英 実は“金魚マニア”、一時は2000匹飼育 6・2生島ヒロシラジオで熱弁

[ 2020年5月31日 22:35 ]

リモート出演の照英と金魚や子育てポリシー、元気の源などについて語り合う生島ヒロシ
Photo By 提供写真

 タレント照英(46)が芸能界きっての“金魚マニア”であることがわかった。

 6月2日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・00)にゲスト出演。このほどリモート収録が行われ、ステイホーム中の家族との接し方や子育てのポリシー、釣りなどについてトークを展開したが、一番盛り上がったのが趣味である「金魚の飼育」だった。

 「金魚が大好き過ぎて飼育歴が8年」という照英の家には60センチの水槽が3個、庭には1メートル85センチの池が2つ、さらに60センチの池が1つある。一番多かった時は2000匹くらい飼い、金魚の王様と言われる「ランチュウ」が1匹300万円の値をつけたこともあるという。

 「家で繁殖に成功しまして、将来的には“照英”という名前の金魚を世に出したいです。今は2~300匹です」と熱く語る照英。MCの生島ヒロシ(69)から「元気の源は若い人たちと仕事をすることといくつになっても、バカボンでいること」というアドバイスを受け、大きくうなずいていた。

 なお、照英は9、16、23日にも出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月31日のニュース