内村光良、手越祐也出演見合わせの「イッテQ!」で「1人欠けておりますが、申し訳ございません」

[ 2020年5月31日 20:11 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)が31日放送され、MCの内村光良(55)がオープニングトークで、無期限活動休止となったNEWSの手越祐也(32)の名は出さずに謝罪する場面があった。

 番組序盤にスタジオの内村が「私以外の方々はいつものように電話で参加となっています」と伝え、レギュラー出演者が電話でリモート出演。

 リモート出演者の顔写真がうつり、宮川大輔(47)や森三中の3人、イモトアヤコ(34)、いとうあさこ(49)、出川哲朗(56)、谷まりあ(24)があいさつすると、内村が「さあそして、1人欠けておりますが、申し訳ございません」と頭を下げた。

 その後は、内村が「さあ、まずはマジシャン出川が日本古来のマジックに挑戦…」と1本目の企画説明をし始めると、「内村さん!内村さん!」とロッチ中岡創一(42)の声が。中岡が「中岡呼んでもらえませんでしょうか。リモートで忘れられるとつらすぎます…」と反応し、内村の笑いを誘っていた。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言のさなか、何度も外出していたとして、26日にジャニーズ事務所は公式サイト「ジャニーズネット」で手越の芸能活動自粛を発表。日本テレビは同日、スポニチの取材に対し、31日の「イッテQ!」放送分には出演しないと明かしていた。

 手越は番組に07年の開始時から参加。お笑いタレントがレギュラーを固める中で唯一のアイドルだったが、体を張ることもいとわずに存在感を示してきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月31日のニュース