さんま 学生たちのために“リモート卒業式”開催「笑顔のまんま」合唱に反響「リモートで一番感動した」

[ 2020年5月31日 21:40 ]

タレントの明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(64)が、31日放送のTBS「傑作!新作!さんまの夢かなえたろか特別編」(後9・00)に出演、新型コロナウイルスの影響で、卒業式が中止になった学生たちのために“リモート卒業式”を開催した。

 今回、寄せられた応募の中で最も多かったのが「卒業式がしたかった」というもの。「4年間準備していた卒業演奏会が中止になってしまった」「学生最後のファッションイベントが中止になった」といった願いをかなえるため、番組ではお笑いコンビ「霜降り明星」、「カミナリ」、渡辺直美(32)、上地雄輔(41)、みちょぱ(21)らが“リモート卒業式”を催し「笑顔のまんま」をコラボした。

 学生たちから送られてきた演奏動画や合唱動画が流れる中、上地は看護学生に「たくさんの人を救ってください ずっと応援しています!!」、みちょぱは「これからもっと楽しいコトが待ってるよ!!」と励ましのメッセージを送った。

 SNSでは「リモートで一番感動した」「生きてるだけで丸儲けって今だからこそ響くな」「SNSの誹謗中傷で傷つく芸能人の皆様 逆に泣くほど喜んでくれる人の方が多いことを知っててください」と企画を称賛するコメントが多く寄せられていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月31日のニュース