新婚のイモトアヤコ 両家顔合わせで困った状況に…「松戸はどうだ?」「鳥取ならビルが建つ」

[ 2020年1月9日 18:40 ]

タレントのイモトアヤコ
Photo By スポニチ

 タレントのイモトアヤコ(33)が8日放送のTBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(水曜後9・30)で、夫である日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」のディレクター・石崎史郎氏(41)の両親との「両家顔合わせ」の様子を明かした。

 昨年11月24日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」で結婚を発表したイモト。電撃発表だったこともあって双方の両親の顔合わせは入籍後になったというが、「人生に1回しかないことなので“ザ・顔合わせ”みたいのをやりましょう」と都内の格式高いホテルに2家族が顔をそろえた。

 お互いに最初は緊張していたが、会が進むにつれて打ち解け、お酒も入っていい雰囲気に。そこでイモトと石崎氏が住む新居の話題になった。石崎氏の実家は千葉県松戸市にあるため、「松戸はどうだ?」と石崎氏の父。少々酔っていることもあり、「松戸だったら豪邸が建つぞ」「土地はあるぞ」「常磐線など3路線走っていて通いやすいぞ」と熱心に松戸を薦めてくるという。

 売れっ子タレントとテレビ局のディレクターという多忙かつ不規則な職業柄、新居は都内で…と考えていたイモト。しかし「松戸はちょっと…と言える空気でもなく、ずっと苦笑い」で話を聞いていたところ、今度は鳥取県在住のイモトの両親が「鳥取ならビルが建つぞ!」と負けじと主張し始めた。

 「もっとヤダ。もっと無理と思った」と爆笑しながらその時の心境を振り返ったイモト。お互いの両親が住む場所を決め出すという困った状況に「松戸も鳥取もいいところなんですけど。まだ3、40代で仕事場もいろんなことがありますし。ちょっと考えさせてください」とその場を収めたという。それでも両家の顔合わせは和やかムードで大成功に終わり、「アットホームな素敵なご両親で、“これから家族になるので心からよろしくお願いします”と思いました」と幸せいっぱいに振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月9日のニュース