宇多田ヒカル マツコとの共演「優しくて面白くて本当に楽しかった」感謝のツイート

[ 2020年1月9日 22:56 ]

「マツコの知らない世界SP」に出演したマツコ・デラックス(左)と宇多田ヒカル
Photo By スポニチ

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(36)が9日、ツイッターを更新。3日に出演したTBS「マツコの知らない世界SP」(後9・00)について「たくさんの人に観てもらえたようで嬉しい」とツイート。共演したタレントのマツコ・デラックス(47)に「優しくて面白くて本当に楽しかった」と感謝した。

 ツイッターで「『マツコ知らない世界』お正月特番たくさんの人に観てもらえたようで嬉しいです。スタッフの皆さん、ありがとうございました!」と投稿。

 「マツコさん優しくて面白くて本当に楽しかったです。収録後、マツコさんの大ファンの私の事務所スタッフにサインと記念撮影までしてくださってみんなで感激してました」と感謝の思いを記した。

 宇多田は番組出演のためだけに居住先の英ロンドンから帰国し、自身のSNSで話題となった「落とし物の世界」を熱弁。世界中で撮影したという一風変わった落とし物の数々や落とし物に魅了される理由など明かしつつ、母親・藤圭子さん(2013年死去、享年62)や4歳の愛息のことなど、プライベートについても語りつくした。デビュー曲「Automatic」のPV撮影での裏話も明かし、話題とさらった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月9日のニュース