NHK会長 内村光良、櫻井翔、綾瀬はるかの紅白司会陣を「テンポのよい進行」と評価

[ 2020年1月9日 15:32 ]

第70回NHK紅白歌合戦で総合司会を務めた内村光良(右)と紅組司会の綾瀬はるか
Photo By スポニチ

 NHKの上田良一会長は9日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、昨年大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」について言及した。

 総合司会の内村光良、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の櫻井翔という3人の司会陣について「3人の息が合った、テンポのよい進行は華やかなステージを盛り上げてくれた」と評価。アーティストのパフォーマンスについても「紅白出場歌手43組の力をこもったパフォーマンスをはじめ、2019年の顔であるラグビーW杯日本代表の皆さんがスペシャルゲストとして数々のシーンに出現。11組の豪華審査員も審査のみながらずそれぞれの魅力で盛り上げてくれた。特別出演されたYOSHIKI、ビートたけし、松任谷由実、竹内まりやさんが多くの視聴者の皆さまの心に響く曲を届け、大きな話題となりました」と見解を示した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月9日のニュース