ボートレーサー「タナカくん」第2章が幕開け 田中圭が発表会で笑顔

[ 2020年1月9日 11:16 ]

ボートレースの新CMシリーズ「ハートに炎を。BOAT is HEART」発表会でポーズを取る田中圭(手前)と(左から)武田玲奈、葉山奨之、飯尾和樹(撮影・高橋 雄二)
Photo By スポニチ

 俳優の田中圭(35)が9日、都内で行われたボートレース新CMシリーズ「ハートに炎を。BOAT is HEART」発表会に出席した。

 19年から脱サラボートレーサー役を務め、20年も続投が決定。第1話「先輩ヅラ!?」編がこの日公開された。新メンバーの武田玲奈(22)、葉山奨之(24)、お笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹(51)と共演しており、田中は「“タナカくん”の第2章ということで、またボートレースに関わらせていただくことになりました。1年間よろしくお願いします」と意気込んだ。

 「ハートに炎を。」がテーマの新シリーズは「タナカくん」が優勝を目指して戦う1年を、それぞれのハートを燃やして競うレーサーたちの群像として描く全10話。天才女子レーサー役の武田、後輩男子レーサー役の葉山、ベテランレーサーに扮する飯尾も顔をそろえ、華やかなムードに包まれた。

 田中は「まとめて一気に撮ったので、もう撮影は終わっている。飯尾さんのアドリブギャグがしっかり使われている」と振り返った。飯尾が「皆で同じご飯を食べ、合宿みたいだった」と話せば、武田は「ワクワクしながら撮影した」、葉山も「ボートが大きく(乗っているときの)正座がキツかった」と笑顔で振り返った。

 今後のCM展開について、田中は「それぞれの登場人物のハートに火がついていく。ちゃんと落ちがあるので楽しんでほしい」とPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月9日のニュース