「孤独のグルメ」シーズン8放送決定 松重豊も驚きのフライング発表「さすがテレ東、粋」「内臓の準備が」

[ 2019年8月21日 06:00 ]

シーズン8の放送が決まった松重豊の主演ドラマ「孤独のグルメ」(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 俳優の松重豊(56)主演のテレビ東京ドラマ「孤独のグルメ」の新シリーズ「Season8」(金曜深夜0・12)が10月から放送されることが決まった。連続ドラマとしては昨年4月期「Season7」以来1年半ぶりの始動となる。

 19日の再放送中にテロップで「10月 シーズン8 放送決定!」と告知。当初は21日に発表する予定だっただけに、松重は「一昨日、仕事から帰ったら、ネットニュースを見た妻に10月からやるんだねと言われました。さすがテレ東、出演者もビックリの粋なサプライズをするなぁと思いました」「心の準備はできていましたが、なにせ一昨日、妻から知らされたばかりで、内臓の準備が整っていません」「シーズン8の放送中も、私の不祥事による降板など、予断を許さない状況です。ネットニュースよりも放送終了後のフライングテロップにご注目ください」と“フライング発表”にちなんだコメントばかりを繰り出した。

 初めてスイーツをメインにする回もある第8弾。出張編はファン必見の地域に初上陸する。

 同局の小松幸敏プロデューサーは「テレビ東京の深夜ドラマでシーズン8まで続いている作品は『孤独のグルメ』以外になく、こんなに長く続けられているのは皆さまのご声援とご支持があるからだと改めて確信しました」と感謝。

 「そのご声援とご支持を力に、今シリーズも新しいチャレンジをし、皆さんの空腹を誘い、いい意味で期待を裏切れるよう、お宝店舗探しに邁進します。今シリーズは新しい若い力も注入し、松重さんとスタッフ皆で、美味しい至福の時間を提供できるよう頑張ります」と張り切っている。

 「週刊SPA!」で不定期連載された同名コミック(原作・久住昌之氏、作画・谷口ジロー氏)を映像化したグルメドキュメンタリードラマ。2012年1月に始まり、輸入雑貨商を営み、商用のため様々な街を訪れる井之頭五郎(松重)が一人、ふと立ち寄った店で食事をする姿を描く。

 「Season7」は昨年9月、韓国のドラマ賞「Seoul Drama Award 2018」で「The Most Popular Foreign Drama of the Year」(最も人気がある海外ドラマ)を受賞。「Season7」第1話は最高視聴率5・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。17~18年と生放送パートもある大みそかスペシャルが放送されるなど、国内外の人気を誇る同局の看板ドラマの1つとなっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月21日のニュース