極楽とんぼ山本 コンビ解散説を「もちろんないです」と否定

[ 2019年8月16日 22:12 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次(左)と山本圭壱
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの山本圭壱(51)が16日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)にゲスト出演し、ネット上で話題となっていたコンビ解散について「もちろんないです」と否定した。

 ゲストとして登場した山本は、番組冒頭で「加藤がお騒がせしております」と闇営業問題に端を発する吉本興業の分裂騒動で時の人となった相方・加藤浩次(50)に触れ、謝罪。コンビ解散説については、山本が先月、インスタグラムに加藤との30年前と現在のツーショット写真などを掲載し、「この世は極楽 空にはとんぼ 極楽とんぼでした!」とコメントしたことから、ネット上で「意味深」「解散するのでは?」と話題となっていた。

 山本は「極楽とんぼを結成したのが平成元年で、令和元年になったんで、ちょっと写真を載せてみようかと思った」と節目の記念として写真を掲載したとし、「コントの最後の決めゼリフを載せたところ、『極楽とんぼでした!』というところだけ切り取られて。そういう意味合いで言ったんじゃない」と説明した。コンビ解散は「もちろんないです。なんだったら、『5時に夢中も』加藤さんと一緒にやりたいなと思っている」と話した。

 山本は相方について、「夫婦で例えたらセックスのない夫婦みたいな関係。言ったらファミリーってことです」と絆を強調。加藤がブチ切れるものまねも披露し、番組を盛り上げていた。

 山本は2006年7月に淫行騒動を起こし、直後に吉本興業から契約を解除された。それでもコンビを解散せず復活を待っていた加藤との絆は強いようだ。山本と加藤は現在、MBSラジオ「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」(土曜深夜1・20)などにコンビで出演している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月16日のニュース