美輪シャンソン 令和も歌い継ぐ「良い物に時代は関係ないんです」

[ 2019年8月16日 05:30 ]

今年も恒例の秋のコンサートを行う美輪明宏(撮影・御堂義乘)
Photo By スポニチ

 歌手で俳優の美輪明宏(84)が毎年秋に行うコンサートが今年も開催される。春の舞台とともに30年以上続くライフワークの一つ。令和1回目となる今回は「美輪明宏の世界~愛の話とシャンソンと~」(9月7~23日、東京芸術劇場など)と題し、1部・2部ともにシャンソンを披露。「シャンソンはメロディーもきれいで、歌詞も意味が深く、叙情的でロマンチックな美しさがあるんだということを強調したいです」と、新時代に“本物の音楽”を届ける強い覚悟を明かした。

 これまでは1部で日本の歌、2部でシャンソンを歌っていた。構成を変えた背景にはシャンソンの“危機”がある。「本場のフランスでもハードロックやヘビーメタルが主流になり、日本でも歌い手自体が少なくなりました。だからこれは一大事だと思って、懐かしの曲をプログラムに並べました」と明かす。

 昨今の音楽について「メロディーや強弱がないんです。歌詞もただ思いついたことを羅列しているだけでツイッターと同じなんです」と喝破。美輪は1935年(昭10)に生まれ、激動の昭和、平成を歩んできた。「時代が新しくなったからといって自分のスタンスが変わることはありません。『ミロのビーナス』や『モナリザ』のように、良い物に時代は関係ないんです」と語る。

 コンサートでは「愛の讃歌」が見どころの一つ。日本では岩谷時子さんが訳し越路吹雪さんが歌ったものが有名だが、美輪はフランス語の原詞を忠実に翻訳。語りを務めたNHK連続テレビ小説「花子とアン」の作中で披露されたことでも話題を呼んだ。「良い物は良い。だからみんなが大事に歌い継いでいくべきなんです」。日本のシャンソンの第一人者が、新時代に本物の歌を紡いでいく。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月16日のニュース