千鳥・大悟が明かした志村けんの“凄さ” お笑いの教科書「その1ページ目に触れる時が…」

[ 2019年8月16日 12:27 ]

お笑いタレント・志村けん
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」大悟(39)が12日深夜放送のテレビ朝日「テレビ千鳥」(月曜深夜1・59)に出演。大悟がお笑いタレントの志村けん(69)の凄さを実感したエピソードを披露した。

 この日は「ちどぉ~り×ちどぉ~り」として完全フリートークで進行。相方のノブ(39)が自身のインスタグラムに対し「(志村が)大悟が出てる写真にだけ“いいね”をしてくる」と明かすと、大悟も志村から「振り向いて、お前がいると嬉しいんだよな」と言われたエピソードを披露。大悟と志村の仲の良さがうかがえた。

 さらに、大悟は「芸人の先輩後輩みんなに言いたい。まだ、皆さんお笑いを知らんかったんやなってことを」とした上で「(志村と)コント番組を一緒にやらせてもらってて、本当に勉強になったことがあって…。結局、ワシらってバリバリ中学校の時にダウンタウンさん見てるから、お笑いの教科書でいうと10ページ目から始めちゃってる」と力説。「ダウンタウンさんのページにあこがれて芸人の世界に入っているから、実は20年、お笑いの1ページ目を誰もやらずに育ってきた。わしは芸人20年やって、その1ページ目に触れる時がきたわけよ」と語った。

 そこで、大悟は志村とコントで共演したときのエピソードを披露。コントはミニスカートの女性が落としたコンタクトレンズをはいつくばって探す内容で、女性のパンツを見ていた志村と大悟の表情がオチになっていたという。大悟は「セリフがないから、スケベなどうしようもない男の顔」をしたが「お笑い界の神様はどんな顔をしてるんやろう」と、下にあるモニターを見たら、鼻血を出しながらも真剣な表情を浮かべていたという。「自分が鼻血が流したことなんて、本当のスケベは気付いてないわけ。芝居としては、真剣に下着を見たい顔をしとかんとあかん」と解説。最後には「勉強なるー」と笑っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月16日のニュース