日テレ謝罪 みやぞん「イッテQ」ロケで骨折「皆様にお詫び」「より一層安全対策に万全期す」

[ 2019年5月28日 14:44 ]

お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん
Photo By スポニチ

 日本テレビは28日、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が、同局「世界の果てまでイッテQ!」のインドでのロケで左足首を骨折したと発表し、みやぞんや関係者に対し「お詫び申し上げます」と謝罪した。

 同局によると、みやぞんは現地時間24日、インドでのロケで、火の輪をくぐりに挑戦。その際、着地で左足首をひねった。現地で応急処置を受け、27日に帰国。国内で診察を受けたところ、左足首の左距骨の関節面から7ミリ程度の骨がかけており、骨折と診断された。痛みがひくまで1~2週間程度、約2カ月の治療期間を要する見込みだという。

 同局はマスコミ各社へ送信した文書で「今回けがをされた、みやぞんさんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。さらに「現地の方の指導の下、本来は土の上に着地しているパフォーマンスを、マットを敷くなど安全に配慮してロケを行っておりましたが、このような事態となったことを重ねてお詫び申し上げます。今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月28日のニュース