立川志らく 川崎・登戸通り魔事件に「ただただ恐怖」「どこにこの怒りを…」

[ 2019年5月28日 12:37 ]

立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(55)が28日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。この日、川崎市の小田急線登戸駅周辺で、小学生と大人の計18人が男に刃物で刺された事件について言及した。

 番組冒頭に志らくは、「こんなことが起きて、どこにこの怒りをぶつけていいのか。まだ全然状況が分からない」と厳しい表情でコメント。

 続いて、「こういう事件は、どうやって防いでいいか分からないから、ただただ恐怖」と恐ろしさを語り、「刺された大人の方なんか、とにかく子どもをみんなで、守って、取り押さえようとして刺されたと思う。刺されなかった子どもたちも、目の前で見てるから、ものすごく傷ついて、今後のこともいろいろ大変」とおもんぱかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月28日のニュース