藤井聡太七段 令和初“勝負メシ”は和牛プレミアムハンバーグ弁当

[ 2019年5月9日 12:28 ]

大阪王将杯王将戦1次予選準決勝、北浜健介八段と対戦している藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)が9日午前10時に大阪市内の関西将棋会館で始まった大阪王将杯王将戦の1次予選準決勝で北浜健介八段(43)と対戦中。正午から昼食休憩に入った。

 藤井の令和最初の勝負メシは近所の割烹「鋤焼きと日本酒 内山田」の和牛プレミアムハンバーグ弁当(1000円)、北浜は「小雀弥(こがらや)福島店」の親子丼(味噌汁付き、900円)だった。

 持ち時間は各3時間。本日夕までの終局が見込まれている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月9日のニュース