カズレーザー「令和」と本名ニアピンで安堵「逆ならふざけられない」

[ 2019年5月9日 12:42 ]

日本初AIスピーカー「QuUn」新戦略発表会にゲスト出演した「メイプル超合金」の安藤なつ(左)とカズレーザー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつ(38)とカズレーザー(34)が9日、都内で開かれた日本発AIスピーカー「QuUn」新戦略発表会にゲスト出演した。

 本名が金子和令(かずのり)のカズレーザーは、元号が「令和」となったことについて、「忙しくなるなと思ったけれど、変動はない」と報告。「こんなニアピンありがたい。(令と和が)逆だったら、ふざけられなくなる」とホッと胸をなでおろした。

 令和を迎えてやりたいことについて、カズレーザーは「現状維持が一番好きな言葉なんで」と欲なく答え、安藤は「ずっと言っているで令和元年には結婚します」とどん欲に宣言した。

 イベントではAIスピーカー初体験だという2人は、呼び掛ける名前を自分の好みの名前にできたり、性格を選べることに興味津々。安藤は初恋の相手でバレンタインデーにチョコレートをあげたが、お返しをもらえていない相手の名前「ゆうじくん」と命名。「いまだに引きずっている。(命令などをして)乱暴に扱ってやりたい」と告白。「同棲しているみたい、これで孤独が埋められる」とにんまり。

 カズレーザーは「尊敬している事務所の先輩、(カンニング)竹山さんに」したいと話した。「竹山さんだと長すぎるので、竹山でいいです」とし、設定変更をしたAIに「竹山、竹山」と呼びかけるが無反応。ムキになって「おい、竹山、偉そうにしやがって」と話しかけても、反応はなかった。その後、マイクを使って怒鳴るように話しかけていたため、反応が悪かったことが判明。2人がマイクを外しやさしく話しかけると「ラーメン食いたい」とAIが話し出し、会場は笑いに包まれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月9日のニュース