稲村亜美 投球練習再開を報告「これからも投げ続けたい」 昨年11月に左足骨折

[ 2019年4月13日 10:35 ]

稲村亜美
Photo By スポニチ

 “神スイング”でおなじみのタレントの稲村亜美(23)が12日、自身のインスタグラムで動画を更新。昨年11月の左足の骨折以来、投球練習を再開したことを報告した。

 稲村は動画とともに「ついに骨折以降なかなかできなかったピッチング練習をはじめました」と報告。「久しぶりに投げたので変なところが力んだり下半身が全く使えてなかったのですが、クタクタになるまで投げれたので良かったです」と手応えをつづった。

 さらに「これから投げ方も改善してさらなる進化できるようにがんばります。これからも皆さんが求めてくれるかぎり投げ続けたいと思います」と力を込めた。

 これまでに広島、巨人以外の10球団で始球式を達成している稲村。昨年12月のイベントで全球団制覇へ向け「2月から投げます。プロ野球選手と同じタイミングでキャンプインしたい」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月13日のニュース