AKB48チーム8 河口湖で結成5周年コンサート初日夜公演 寒さなんの!元気に28曲

[ 2019年4月13日 23:16 ]

5周年記念コンサートを迎えたAKB48チーム8。坂口渚沙(中央左)小栗有以(同右)ら
Photo By スポニチ

 AKB48チーム8が13日、山梨・富士河口湖町の河口湖ステラシアターで、結成5周年記念コンサートの初日夜公演を行った。まだ雪の残る富士山のふもとでのコンサート。場内に冷たい風が吹き込む寒さの中だったが、メンバーたちはノースリーブの衣装やTシャツ姿で元気に28曲を歌った。

 夜公演は「歌」を前面に押し出した。小田えりな(21)、立仙愛理(20)、横山結衣(18)ら歌自慢の8人が、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」に挑戦。ゴスペル風にアレンジした歌声を響かせ、大歓声を浴びた。

 中盤には、岡部麟(22)、中野郁海(18)ら13人による、ミュージカルパートが設けられた。女子高校生たちが卒業するまでの3年間の物語を、「桜の栞」「桜、みんなで食べた」「10年桜」など、AKB48グループの人気楽曲メドレーに乗せて表現した。

 ミュージカルでは、小栗有以(17)がしなやかな体の動きを生かした「オタ芸」で沸かせた。濱咲友菜(17)から「ゆいゆい(小栗)の体幹がすごい。めちゃめちゃオタ芸が得意なんですよ!」と絶賛されると、小栗は再現をリクエストするファンの声に応え、キレキレなオタ芸を再び披露した。

 アンコール前の場内には、チーム8と関わりの深いタレントらからお祝いのメッセージがVTRで流された。初期のころにチーム8のレッスンを担当した振り付け師の牧野アンナ氏は、「最初の合宿の時、かなり厳しいレッスンをしました。その時に私が言ったことを覚えているでしょうか?『結果の出る練習をしなさい』と伝えました」と、当時の厳しいレッスンを回想した。その上で「(レッスン場から)追い出されたメンバーもいます。たくさん泣かされたメンバーもいます。その時の思いを忘れずに、初心を忘れずに、チーム一丸となって、素晴らしいチーム8へと成長を遂げてください」と、熱いメッセージを送った。

 チーム8は今年1月、48グループの楽曲総選挙とも言われる「リクエストアワー セットリストベスト100」で、代表曲「47の素敵な街へ」が初の1位に輝いた。アンコールの最後には全メンバーが出演して熱唱し、小栗は「皆さんのおかげで1位をいただくことができました。ありがとうございました。このまま6年目も突っ走っていきたいと思います」とあいさつ。エンディングには盛大な花火も上がり、山田菜々美(20)は感動のあまり涙していた。

 コンサートは14日も2公演が行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年4月13日のニュース