兵動&吉弥、喋くりコメディーでW主演「はい!丸尾不動産です。」

[ 2019年2月28日 12:39 ]

 お喋りの達人として関西を代表する漫才コンビ「矢野・兵動」の兵動大樹(48)と落語家・桂吉弥(48)の2人がW主演を務める喜劇「はい!丸尾不動産です。〜本日、家をシェアします〜」(6月29日〜7月1日、ABCホール)の取材会が28日、関西テレビ(大阪市北区)で開かれ、兵動は「自分中の眠ってるモノが起き出してこないか。関西の楽しみを増やせればいい」。吉弥は「憧れの兄やんと2人でコメディーを作ります。楽しみ」と語った。

 2人はともに芸歴25年を超えるが、共演はラジオ特番での1時間のトークだけ。兵動は「ボクの方が(芸人としての)先輩ですが、貫禄は吉ちゃんの方が上。責任は100%吉ちゃんに。お任せです。創作落語をやったことがありますが、知れば知るほどなかなか」と吉弥を持ち上げ「M―1の予選に出て2回戦で落ちました。(兵動の)1人喋りはすごい。すべらない話は現代の落語をやってるみたいなものですから」と吉弥も敬意を表した。

 兵動がうだつのあがらない不動産屋の営業マン、吉弥がシェアハウスを探す元エリート銀行員の客に扮した喋くりコメディー。ギャグがあるわけでなく、対話にこだわった芝居となる。アドリブもあり。間の取り方、言葉のチョイスなど、喋りの達人の“話芸”に注目。「チケットが売れなかったら話題作りのために、吉ちゃんに不倫でもしてもらって」と兵動は最後も笑いで締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月28日のニュース