声優・吉井彩実が3月末での引退を発表「体力的にお仕事に集中することが難しく」

[ 2019年2月28日 19:24 ]

 声優の吉井彩実(27)が28日、自身のブログを更新。3月末をもって、声優業および芸能活動を引退すると発表した。

 吉井は「突然ではありますがこの度、私、吉井彩実は2019年3月末日を持ちまして、声優業ならびに芸能活動を引退することとなりました」と発表。「昨年より、度重なる体調不良から病院にお世話になる事が増え、体と相談しながら活動をする日々が続いておりました」と明かし、「体力的にお仕事に集中することが難しく、全力を注ぐことができない状況で活動を続けていくことは、本来のありたい自分ではないと感じ、何度も悩んだ結果これからの人生をふまえてこのような決断に至りました」と説明した。

 「幼い頃からの夢だった声優として、キャラクターと二人三脚で歩んだ時間は、とても贅沢で幸せな日々だったと感じます」と声優人生を振り返り、「これまで声優・吉井彩実を応援して下さった全ての皆様、本当にありがとうございました。残り僅かな時間ではありますが、最後までお付き合い頂けますと幸いです」と結んだ。

 吉井はスマートフォン向けアプリゲーム「TOKYO 7th シスターズ」で上杉・ウエバス・キョーコ役、「8 beat Story」で水瀬鈴音役を担当したことで知られる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月28日のニュース